がっちりマンデー!ポン活で得する方法を教えるAIクレジットとは?登録方法や新機能を解説!

エンタメ
スポンサーリンク

2021年7月18日に放送されたがっちりマンデーは、セコDGsと称してセコ(S)だけど(D)がっちり(G)といったテーマでお得情報を特集しました。

放送では持続可能なセコ技として、ポイント還元の具体的なパーセントや金額がわかるというAIクレジットが登場します。

そこで今回は「がっちりマンデー!ポン活で得する方法を教えるAIクレジットとは?登録方法や新機能を解説!」と題して紹介していきます。

関心のある方は、ぜひご覧ください。

がっちりマンデーで紹介されたAIクレジットとは?

がっちりマンデーで紹介された「AIクレジット」は、有益なポイント還元する方法を選んでくれるキャッシュレスマップアプリです。(キャッシュレス決済のポイント還元率を比較できるアプリ)

昨今のポイント業界では、次々に新しいサービスが出てくるので、どれがお得なのかわからないことが多いですよね。

そんなときに、ポイントの複雑さを解消してくれるのがスマホアプリの「AIクレジット」。

その場でアプリを開けば、マップ上に現在地周辺のお店のお得情報を把握することができる仕組みです。

例えば、コンビニA店では還元率3%だが、おとなりのコンビニB店は5%というように一目でわかるようになっています。

AIクレジットでポン活のすすめ

ポン活とは、ローソンなどで貯まったPontaポイントを使って人気商品や新商品などをお得に手に入れることです。

Pontaポイントを貯めてお試し引換券を発券すれば、対象商品をお得にゲットできる仕組み。

AIクレジットのアプリは最適な方法を教えてくれるので、例えばローソンではポン活がオススメといった情報を提供することもあり得るのです。

番組内では、ローソンで商品をお得にゲットしていましたね。

※ちなみにポイント活動→ポイ活、Pontaポイントでの活動→ポン活

会社の概要

AIクレジット株式会社

所在地:東京都台東区下谷1丁目11番15号 ソレイユ入谷4F

事業内容:AI-Creditの開発・受託開発事業・新規事業開発

 

スポンサーリンク

がっちりマンデーで紹介のAIクレジットがリニューアルしていた

さまざまな店のポイント還元があるなかで、複雑な仕組みを理解する必要はなく、誰でも簡単にお得情報が得られるAIクレジット。

2020年10月頃にがっちりマンデーで放送されたのですが、2021年1月以降に更にリニューアルされたので説明していきます。

また、AIクレジットの登録方法についても書いていきますね。

リニューアルポイントその1

「いくらお得になるかズバリ金額表示してくれる」

どれくらい消費するといくら還元されるのかといった情報が、金額で分かるようになりました。

リニューアルポイントその2

「ネットショップの対応を開始しました」

AIクレジットは、実店舗でのお得なキャッシュレス払いの方法を案内していたが、ネットショップでのお得な支払い方法の表示も始めています。

リニューアルポイントその3 

「漫画で簡単に支払いを解説している」

今までは「クレジットカードとポイントカードの組み合わせ」「コード決済とクレジットカードの組み合わせ」などの解説はありましたが、複雑で理解不能でした。

リニューアル後は、支払い方法の説明を漫画で表示してわかりやすくしています。

リニューアルポイントその4

「AIクレジットが楽天リワードに対応」

アプリを起動するだけで「楽天ポイント」が貯まるなどの新機能が追加されました。

週3回アプリを開くと1ポイントとか、保有しているキャッシュレス決済を登録すると3ポイントなどがあるようです。(※iOSやAndroidによって違いがあります)

AI-Creditアプリの登録方法

AI-Creditアプリの登録方法はスマホから簡単にダウンロードできます。

GooglePlayからダウンロード➡Androidアプリ

AppStoreからダウンロード➡ iOSアプリ

ダウンロードしておけば、一目でお得情報が分かる有益なシステムなので、関心のある人はぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

がっちりマンデーで紹介のAIクレジットまとめ

今回は「がっちりマンデー!ポン活で得する方法を教えるAIクレジットとは?登録方法や新機能を解説!」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

節約したい方にとっては、アプリ1つで最大限お得な情報が得られるAIクレジットはすぐにでもダウンロードしたほうがいいでしょう。

またAIクレジットでは、引き続き新機能が追加されていく予定なので、今後も注目しておきたい会社ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました