停電時のスマホ対策とスマホのバッテリーを長持ちさせる方法を紹介!

スマホのバッテリーお得な情報

停電時のスマホ対策は、事前にグッズを準備しておくのがベストです。

そこで今回は、停電時のスマホ対策グッズやバッテリーを長持ちさせる方法紹介します。

いつ停電が起きるか分からないので、気になる方はチェックして下さいね。

スポンサーリンク

停電時のスマホ対策はグッズを準備

停電のときに慌てないために、事前にスマホ対策用のグッズを用意しておくのが重要です。

  • モバイルバッテリーを準備する
  • 乾電池式ライトを準備
  • シガープラグ充電を利用する

モバイルバッテリーを準備

モバイルバッテリーを準備しておくと、スマホの充電切れの心配が少なくなります。

モバイルバッテリーの容量は、1万ミリアンペアアワー以上ならスマホ充電2、3回は可能です。

大体2000円から4000円くらいで購入できるので準備しておきましょう。

ネット通販でも購入できますが、急ぐ場合は家電量販店で購入し、フル充電しておくのがおすすめです。

乾電池式モバイルバッテリーを購入する場合は、長持ちしないため予備の乾電池を購入しましょう。

\参考商品を紹介/

参考程度ですが、乾電池式のモバイルバッテリーを紹介。

\乾電池式のモバイルバッテリー/

シガープラグ充電

シガープラグ充電は、ネット通販・カー用品店・家電量販店で入手可能なので、準備しておいてもいいでしょう。

※車のシガープラグからUSBを取り出せるアダプターのこと。

ガソリンがある限りはスマホやUSB機器の充電ができますよ。

\楽天で一番売れている商品/

乾電池式ラジオを用意

スマホは電波・バッテリーがなくなれば使えないので、乾電池式ラジオを準備しておくのがオススメです。

準備できる人は、ライト付き・スマホが充電できるタイプががベストです。

※電池持ちがあまりよくないので、予備の乾電池も忘れずに購入するようにしてくださいね。

\乾電池式ラジオ/
スポンサーリンク

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法

停電したときは「スマホを極力使わない」のがバッテリーを長持ちさせるベストな方法です。

スマホの利用をなるべく少なくするのが大切で、特に動画・ゲームなどはバッテリーを大きく消費するため、使わないように心がけましょう。

そのほかにも、細かい対策をしておくとバッテリーが長持ちします。

いくつか紹介していきますね。

スマホ画面(ディスプレイ)を暗くする

電池を最も消費しやすいのがディスプレイ画面です。

画面をできるだけ暗くすることが長持ちさせるコツ。

省エネモードにする

省エネモードは、節電しながらLINEやTwitterなど利用することが可能です。

  • iPhone「低電力モード」
  • Android「バッテリーセーバー」など

以上の設定を有効にしておきましょう。

機内モード

通信機能をオフにする機内モードを利用することで、電池の消費を抑えることが可能。

圏外になるとフルパワーで電波を出して基地局を探すため、電池が早くなくなってしまいます。

※もし利用可能ならWi-Fiを利用するのがいいでしょう。

アプリの通知をオフにする

アプリの通知がONになっていると、その都度画面が付くためバッテリーを消費してしまいます。

したがって、アプリ通知はすべて切っておき、重要なLINE通知などだけにしておきましょう。

ロック解除時間を短くする

画面が自動的に暗くなる「画面ロック」の解除時間を短くするのも、バッテリーを長持ちされる方法です。

やれることはすべて対処しておくことが、スマホバッテリーを長持ちされる方法ですよ!

スポンサーリンク

停電時のスマホ対策 まとめ

今回は「停電時のスマホ対策とスマホのバッテリーを長持ちさせる方法を紹介!」と題してまとめてみました。

停電になると情報収集が必要になってきますので、スマホは必須アイテムです。

そのためにもなるべくスマホのバッテリーを長持ちさせる方法をとりましょう。

参考になると幸いです、最後までお読みいただきありがとうございます。

お得な情報
スポンサーリンク
ムッチブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました