とくしま動物園のチケット料金やお得情報は?園内の見どころも紹介!

イベント
スポンサーリンク

徳島県徳島市にある「とくしま動物園」は、四国最大級の動物園です。

そこで今回は、とくしま動物園の入園チケット料金やお得情報、割引などを調べます。

また、基本情報とあわせて動物園の見どころや園内周辺の施設も紹介します。

お子様や家族で楽しめる場所となっていますので、ぜひご覧ください。

とくしま動物園

とくしま動物園北島建設の森は、広さ15.19ヘクタールでおおよそ東京ドーム3.5個分です。

動物園内は、5つのエリア別(気候帯の生息地)に分類。

温帯地区・熱帯地区・サバンナ地区・寒帯地区の動物の他に、子供用にこども動物園のエリアが設けられています。

なじみのあるライオンやゾウはもちろん、ミーアキャットやカピバラといった珍しい動物などが展示。

また、こども動物園ではリスザルやモルモットなど直接触れ合える体験イベントが行われることもあり、子供たちには楽しいスポットです。

とくしま動物園の料金や基本情報

ここからは、とくしま動物園の基本情報・料金やお得情報について調べたことを解説していきます。

動物園の基本情報

開園時間:9:30~16:00(入園時間は16:00まで)

定休日:月曜日(祝日が月曜の場合は、翌日が休み)

年末年始に関しては、12月29日~1月1日が休園日

場所:徳島県徳島市渋野町入道22-1

電話番号:088-636-3215

動物園のアクセス

公共交通機関:JR牟岐線で文化の森駅下車⇒徳島バスで丈六寺南行き「とくしま動物園前」

JR徳島駅⇒徳島市営バスの丈六寺南方面行き「とくしま動物園前」

※バスをご利用の方は、帰りの便を事前にチェックすることをおすすめします。

お車の方:高松自動車道・徳島自動車道の徳島ICから約40分。

駐車場:普通車310円、大型車1,310円、二輪車無料で約600台の駐車スペースがあります。

動物園のチケット料金

通常料金

大人:600円

中学生以下:無料

団体割引

入園者(有料の方)が30名以上の場合は、1人当たり480円。

また、学校関連の行事(遠足・オリエンテーリングなど)は、減免対応していますので、事前の連絡が必要です。

年間パスポート

1,500円(1枚)を購入しておくと、1年中何度でも入園が可能です。

購入方法は、パスポート用紙にご自身の情報を記入して引換券をもらうだけ。

帰るときにパスポートがもらえるようになっています。

割引料金やお得情報は?

とくしま動物園では、さまざまな特典や入園無料企画があるので紹介します。

割引のチケットなどは発行されることはないようです。

誕生日の特典

ご自身の誕生日の前後1週間の動物園を訪れると、さまざまな特典があります。

1年目の誕生日には

  • 動物園のオリジナル風船
  • とくしまファミリーランド(乗り物券1枚進呈)
  • バースデーカード
  • レターセット

などがプレゼントされます。

また、毎年の誕生日特典時期に入園すると特典内容が年々多くなっていくようですね。

敬老の日には・・・

65歳以上の方は無料です。

65歳以上であることが証明できるもの(運転免許証・マイナンバーなど)を用意する必要があります。

クリスマス企画として

12月23日に開催予定の「どうぶつえんのクリスマス」のときに、サンタクロースのコスプレで来園すると無料です。

サンタの赤い三角帽のみでも可能。先着200名のお子様にはプレゼントが用意されています。

とくしま動物園では、割引券の発行はほとんど期待できませんが、さまざまな特典はあるようですね。ごく稀ではありますが、ネットオークションで安くチケットが販売される可能性はあります。

とくしま動物園の見どころ

とくしま動物園には、人気の動物たちや身近に動物と触れ合える機会があるなど見どころがたくさんあるので、それぞれについて紹介していきますね。

人気の動物たちを見学

レッサーパンダ

温帯エリアで人気のレッサーパンダは、立ち姿がかわいいと評判。

レッサーパンダを見るためにとくしま動物園を訪れる方もいるくらい人気度は高いです。

カピバラ

サバンナエリアは、癒し系のカピバラがたくさん生息しています。

近距離で見られるとあって子供たちには好評のようです。

ミーアキャット

こちらもサバンナ地区で展示されている人気のミーアキャット。

直立不動の立ち姿がかわいいと評判の動物ですね。

ホッキョクグマ

旭山動物園から新しくオスの「イワン」君がやってきました。

前からいるメスのホッキョクグマ「ポロロ」と仲良くなれば、かわいい子供の誕生にも期待できますね。

紹介した動物のほかにも見どころとなる動物たちが多く展示されています。

触れ合える環境が魅力

こども動物園では、さまざまな動物と触れ合うチャンスがあるため、子供たちにとっては貴重な体験ができて楽しい思い出が作れる場所です。

例えば、リスザル・ひつじ・モルモットなどといった動物たちと触れ合える機会があります。

とくしま動物園内の施設は?

とくしま動物園北島建設の森では、動物園のほかにも遊園地と植物園が隣接しています。

1日を通して楽しみたい方や、別の日に動物園以外を見てみたい方にはおすすめです。

とくしま遊園地

とくしま遊園地は、子供たちとアットホームに楽しめる施設です。

10数種類の乗り物で遊べる遊園地。

人気のあるアトラクションは、施設内を周遊する汽車(ボールドウィン号)・景観が楽しめる観覧車(スケルトン)・スリルが味わえるローラーコースターなどです。

入場料:無料

乗り物チケット:1枚300円

回遊券:11枚3,000円

特割チケット:40枚10,000円

フリーパスチケット:1日乗り放題3,200円(土曜、日曜、祝日限定で小学生以上)

※小学生以下のお子様が遊べるコイン式の乗り物もあります。(1回100円、200円)

とくしま植物園

とくしま植物園は、さまざまな花や緑を散策できる施設です。

園内には、きれいに彩られた花壇や数種類の木々が育っています。

ウォーキングを楽しめるコースもいくつかあり、自然と触れ合える憩いの場所。

入場料:無料

緑の相談所は9:00~16:00まで対応可能です。

まとめ

今回は、「とくしま動物園」の基本情報や料金システム、お得情報などをお伝えしました。

また、周辺で楽しめる「とくしまファミリーランド」や「とくしま植物園」についても紹介しました。

動物園の見どころをいくつか説明しましたが、ほかにも数種類の動物が展示されていますので、ご自身で体験して、お好みの動物を見つけてみるのもいいでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました