あさイチ【母音法・ペットボトル発声法!声を改善】劇団四季俳優や早川直記さんが紹介!

声を改善エンタメ
スポンサーリンク

2021年12月7日放送のあさイチで声を改善する方法について紹介されました!

教えてくれたのは「劇団四季のミュージカル俳優」と「プロのボイストレーナーの早川直記さん」です。

在宅ワークやマスク生活で、あまり声を使わなくなり滑舌が悪くなったという人には必見!

また、声に悩んでいる人も、ぜひご覧ください。

母音法

劇団四季に伝わるトレーニング法やペットボトルを使った発声法などを紹介してくれます。

劇団四季に伝わる母音法のやり方

劇団四季に伝わるトレーニング法をミュージカル俳優が伝授してくれます。

あいうえおだけで話す母音法

1)姿勢
・足を肩幅に開き上半身をリラックスさせて立つ
・おへその下にある丹田に 重心も感じるように立つのがポイント

2)腹式呼吸
・お腹から腰回りを全体を膨らますイメージで呼吸をするとお腹から声が出る

3)あくびののど
・喉が自然と開き声が出しやすくなる
・あくびを何度もやって声が出しやすい状態にしてから母音法を始める

母音法実践

・「あ・い・う・え・お」とのどを意識して開けるようにして、笑顔で発声。
・文章を母音だけで発声する(同じ母音が続くときは、2文字目の母音を高い声で発声する)
・ 小さい「っ」は無音を意識すると聞こえやすくなる

ペットボトル発声法

ペットボトルを使って、声の響き方や滑舌を変える方法を早川直記さんが教えてくれます。

喉が開くことで声を響かせることができ、ペットボトルを外しても舌がよく動くようになります。

ペットボトル発声法 その1

声の響きが良くなる

1)ペットボトルの飲み口を歯で噛む
2)軽くかんで、口は軽く閉じるイメージ
3)咥えたまま、声を出す

ペットボトルを上下で加えると口の中が広がり、強制的に喉の奥が開くようです。

発生したときにペットボトルが振動すれば声が響いている証拠です。

ポイント:ペットボトル発声法をやったときの感覚を覚えておくこと

ペットボトル発声法 その2

滑舌が良くなる

1)ペットボトルの口をなるべく浅く噛む
2)「ら・り・る・れ・ろ」と舌を大きく動かすことを意識する
3)「ら・り・る・れ・ろ」を連続で行い、舌先を早く動かす

毎日実践することで舌が鍛えられ、口も開けているので響きも良くなります。

変顔で抑揚をつけるワザ

抑揚をつけるためには表情が動けば良いそうです。

声の抑揚と顔の表情は大きく関わっっています。

早川流 変顔エクササイズ①

表情筋を鍛える

1)眉毛・目・ 口・口角全てのパーツが広がるイメージで顔を動かす
2)次に全てのパーツが真ん中に集約するイメージで顔を動かす
3)最後は笑顔
4)5回連続を3セット行う

早川流 変顔エクササイズ②

のどを開く

1)息を吸いながらビックリ顔をする
2)このときに舌を出すようにする
3)下あごではなく上あごを上に開くイメージ
4)下あごを両手で抑えるとやりやすい

舌を出すことで喉が開き息が通りやすくなります。

ペットボトル発声法+変顔エクササイズを行うことで、より大きな効果が期待できるようです。

まとめ

今回は「あさイチ【母音法・ペットボトル発声法!声を改善】劇団四季俳優や早川直記さんが紹介!」と題してまとめてみました。

声でお悩みの方は、ぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました