がっちりマンデー!焼き芋オーブンを開発した「群商」が登場!

焼き芋オーブンエンタメ
スポンサーリンク

2021年5月16日に放送されたがっちりマンデーは、「さつまいもウォーズ」といったタイトルでさつまいもを扱う会社や焼き芋を作るマシンを特集しました。

放送されたなかで、「群商」という会社が紹介されました。

焼き芋を作る機械を製造している会社で、がっちり儲かっているようです。

そこで今回は「がっちりマンデー!焼き芋オーブンを開発した「群商」が登場!」と題して詳細を調べていきます。

気になる方は、チェックしてくださいね。

がっちりマンデーで紹介された「群商」

がっちりマンデーで紹介された「群商」は、焼き芋オーブンなどを開発している会社として有名です。

この焼き芋オーブンは、業界初の店内販売を可能しました。

群商の製品は、全国をスーパーなどの販売店で約4000店舗以上が取引しているようですね。

例えば、ダイエー・イトーヨーカドー・イオン・東急ストアなど名だたる会社と取引しています。

群商は、1998年から焼きいもオーブンの開発に着手し、2003年に特許を取得。

主な事業は、流通産業機械設計・環境衛生設備・輸出入貿易事業。

株式会社 群商

電話番号:028-624-0623

住所:栃木県宇都宮市横山1-2-20

 

スポンサーリンク

がっちりマンデーで紹介された 焼き芋オーブン

                                                   引用:(株)GUNSHO公式サイト

群商が開発した「焼き芋オーブン」は、遠赤外線利用の電気式自動焼きいも機です。

焼く温度・焼きあがり時間などをセットすれば、簡単に焼ける仕組みになっています。

この「焼き芋オーブン」の開発によって、群商は飛躍的に業績をアップされているようですね。

さつまいもを焼く技術を向上させた「焼き芋オーブン」

群商ががっちりと儲けている理由は、さつまいもを焼く技術を向上させたことです。

さまざまな実験を繰り返し、さつまいもの大きさ・オーブン内部の焼き位置・温度・時間などの問題をクリアして、均等においしく焼く技術を手に入れました。

焼き芋オーブンの操作さえ分かっていれば、誰でも簡単に焼けるシステムが出来上がったのです。

焼き芋オーブンの登場で移動販売から固定販売

焼き芋オーブンの登場で、移動販売から固定販売に変化したことで「焼き芋」の需要が高まっています。

以前の焼き芋ブームの時代は石焼き芋といった移動販売だったものから、焼き芋オーブンによってスーパーなどで気軽に購入できる固定販売に転換。

こうした動きが、焼き芋オーブンを必要とする商業施設からの要望で、群商ががっちり儲かることができるようになったと言えるでしょう。

がっちりマンデーで紹介された群商まとめ

今回は「がっちりマンデー!焼き芋オーブンを開発した「群商」が登場!」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

今ではあたりまえのように、スーパーで美味しい焼き芋が買えるようになったのも、群商はじめ機械開発している会社のおかげなのですね。

もし、焼き芋オーブンで焼き芋を売っているのを見かけたら、買ってみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

安納芋で作った焼き芋(冷凍)は、レンジでチンするだけで食べられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました