あさイチ【大人の勉強?やる気・記憶力・集中力の効果があがる勉強法】瀧靖之教授が紹介

勉強お得な情報
スポンサーリンク

2021年11月15日放送のあさイチで大人でもできるやる気・記憶力・集中力の効果があがる勉強法について紹介されました!

教えてくれるのは東北大学教授の瀧靖之さんです。

どのようにすればいいのか気になったので調べていこうと思います。

\大人の脳に焦点をあてた勉強法/

大人ができるやる気・記憶力・集中力の効果があがる勉強法

大人でも効果があがる勉強法ができる理由

人には、脳の可塑性(かそせい)があるから、大人でも効果があがる勉強ができます。

脳の可塑性とは「変化し成長する性質のこと」。

年齢に関係なく大人になっても変化して成長する力があるため、大人の脳でも刺激すれば、まだまだ成長するようです。

若いときと比べれば、脳の可塑性が多少衰えることもありますが、時間をかければ何歳になっても成長すると瀧靖之さんが教えてくれました。

集中力がアップする勉強のやり方

ポモドーロ法 

1)25分間勉強する
2)25分たったら5分間休憩する
3)休憩の5分間は目を閉じてリラックスするなど脳を休ませる
4)これを1セットとする

人の集中力は長く続かず、だいたい25分前後です。

だらだらやっても続かないので、短期集中を繰り返す方が楽だと教えてくれました。

基本的にポモドーロ法を4セットですが、人によって事情が違ったり体調が変わったりしますので、自分の状況にあわせてやるようにしましょう。

記憶力がアップする勉強のやり方

勉強の冒頭に前日・前々日の内容を復習(ちょこっと復習)

1)1日目に覚えたことは次の日に復習する
2)最初の1分から3分くらいでもOKなので前日や前々日のことを復習する

人間の記憶は1日で覚えたことを、次の日には新しい記憶によって忘れていきます。

だから、少しでもいいので見直す(復習)ことを繰り返すと記憶に残っていくようです。

さらに記憶力をアップするには、少し予習をしておくことで次の日の勉強が頭に入りやすくなります。(ちらっと見ておくだけでもいいようです)

やる気がアップする勉強のやり方

家中どこでも勉強方法

1)さまざまな場所に教材を置いて勉強する
2)例えば、テレビ前・リビング・冷蔵庫・カウンター・トイレなどに勉強する教材を置く
3)勉強部屋以外での学習を充実させる

いざ勉強しようと勉強部屋に入ると「嫌だ」という感情が入ってくるそうです。

その「嫌だ」という感情が入る前に、教材を開ける環境が大切になってきます。

さらに、やる気を持続させるためには「ワクワクする将来像をイメージする」ことです。

目的の先に自分がどうなりたいのかを楽しくイメージすることでやる気がアップします。

まとめ

今回は「あさイチ【大人の勉強?やる気・記憶力・集中力の効果があがる勉強法】瀧靖之教授が紹介」と題して解説しました。

社会人になればなかなか勉強なんてできないことが多いですが、この勉強法ならチャレンジしてもいいと思います。

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました