がっちりマンデー!電動キックボード・Luupとは?使用方法や料金は?

電動キックボーエンタメ
スポンサーリンク

2021年6月6日に放送されたがっちりマンデーは、「あのがっちりは今!」といったテーマで過去に放送した会社の現在の状況を特集しています。

そこで登場したのが、電動キックボードのシェアサービスを行っている会社(株)Luup。

1年前にはサービスを開始していなかった電動キックボードですが、今回はどうなったのか気になりますよね?

そこで「がっちりマンデー!電動キックボード(株)Luupとは?使用方法や料金は?」と題して詳細を調べていこうと思います。

興味のある方は、ぜひチェックしてくださいね。

がっちりマンデーで紹介された電動キックボード・Luup

がっちりマンデーで紹介された株式会社Luupは、2018年の設立された新しい会社で、電動キックボードや電動マイクロモビリティのシェアリングサービスをはじめています。

このサービスは、アメリカ・ヨーロッパなどでは爆発的に普及。

世界市場規模は5年後にはなんと最大5兆円にもなるといわれている超巨大ビジネスです。

以前の放送では

以前がっちりマンデーが放送されたときには、「気軽に乗れる電動キックボード」といった点で問題がありました。

日本国内の公道では、電動キックボードは原付きと同じ扱いとなり、ヘルメットの着用が義務づけられています。

また、小型特殊自動車という扱いなり、運転するには自動車免許が必要になり、ナンバープレートやミラーなどをつけなければ走行ができませんでした。

現在は

2021年4月からLuupの取り扱う電動キックボードのみ、国からの特例としてヘルメットなしで車道・自転車通行帯を走れるようになっています。(個人購入の方はヘルメットの着用は必須ですよ!)

今は、渋谷・新宿・六本木(赤坂/虎ノ門)・大阪キタ・ミナミの5つの地区で、小型電動アシスト自転車と電動キックボードのシェアリングサービスを提供中。

今後はさらに拡大していくと思いますよ。

株式会社Luup

住所:東京都渋谷区東1-8-4 INO SHIBUYA 1-2F

 

スポンサーリンク

がっちりマンデーで紹介の電動キックボードの使用方法・料金は?

株式会社Luupが扱う電動キックボードの詳細条件について解説していきます。

使用する前に、Luupのアプリをダウンロードしておく必要がありますね。

App Store

Google Play

使用条件は?

電動キックボードを乗るには条件があって

  • 運転免許証の登録
  • アプリで研修を受けて合格する

以上をクリアすれば乗車OKとなっています。

使用方法は?

電動キックボード・電動アシスト自転車の使用方法について解説します。

使用方法

  1. アプリの地図を確認して、取り扱っているLUUPポートを探してから乗り物を選ぶ
  2. 専用アプリでQRコードをスキャンするとロックが外れ使用可能
  3. 指定目的地のポートまで乗る
  4. 乗り終わったら、駐車時の写真を撮って終了

最高時速は約15キロくらいで、ほぼ自転車と変わらないので安全に走行しましょう。

料金は

使用料金

  • 初乗り:10分 100円
  • 2回目以降:10分 110円
  • 1分当たりの計算では15円 (すべて税抜き)

30分乗っても500円にはならないので、近距離から中距離くらいなら使用してもいいかもしれませんね。

Luup公式サイト

がっちりマンデー電動キックボードまとめ

今回は「がっちりマンデー!電動キックボード(株)Luupとは?使用方法や料金は?」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

電動キックボードを個人で購入すると、ヘルメットの着用は義務化されていますので、試しに使用したい人はLuupの電動キックボードをシェアリングするほうがいいでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

\個人購入したい人は楽天・Amazonで/

コメント

タイトルとURLをコピーしました