大学生一人暮らしで必要な家電や家具の費用は?安く抑える方法を紹介!

一人暮らし家電家具お得な情報

一人暮らしをスタートする際には、いったいどれくらいの費用がかかるかご存知でしょうか。

家具・家電・日用品などの他にも、賃貸契約のお金・引っ越し代金など結構な費用が必要です。

そのなかで家電や家具を揃える費用の割合は大きいと予想できますよね。

そこで「大学生一人暮らしで必要な家電や家具の費用は?安く抑える方法を紹介!」と題して調べていこうと思います。

新生活の予備知識として、ぜひご覧ください。

\家電・家具のレンタルなら「かして!どっとこむ」/



スポンサーリンク

大学生一人暮らしで必要な主な家電や家具

照明器具は、備え付けがあるかどうかを確認する必要があります。

冷蔵庫自炊するしないにかかわらず、食べ物・飲み物を保存するには欠かせないアイテム。
洗濯機生活していくうえで必要な洗濯機。ほとんどの人が、まとめて洗濯すると思いますので大きめサイズを選んでおくのがオススメ。
炊飯器なかなか自炊しない人も、ごはんを炊くだけでも経費や買いに行く手間を考えたら備えておきたいアイテムです。
電子レンジ自炊するしないに関係なく備えておきたいのが電子レンジです。お弁当や冷凍食品を温めるのに必要なもの。
掃除機部屋の掃除に欠かせないのが掃除機ですが、場所をとらないコードレスタイプがオススメ!
照明最近では備え付けられている部屋がありますので、事前にチェックし手おいた方がいいでしょうね。
エアコン特に夏場と冬場には欲しいのが冷暖房器具。備え付けの部屋に住むなら気にしなくてもOKですが、ない場合はエアコンは必要です。
テレビテレビに関しては見る見ないの差がありますので、生活様式に合わせて備えるようにしてくださいね。
ドライヤー人によって必要頻度が変わってきますが、髪を乾かす・セットする場合には必要なアイテム。特に女性に方には必須アイテムでしょう。
寝具布団を敷いて寝るか、ベッドで寝るか、部屋の広さは?などの状況によって違いはありますが揃えておくべきものですね。
テーブル食事やパソコンなどを使用するときに欠かせない家具。
カーテン部屋のインテリア・遮光・遮熱といったことで必要となるアイテム。特に女学生は防犯の意味でも重要になりますよね。

 

スポンサーリンク

家電や家具の費用は?

①冷蔵庫

予算の目安:100Lくらいで20,000円~30,000円程度・150Lから180Lで30000円~50000円ほど。

②洗濯機

洗濯機の目安:5kg以下であれば30,000円程度で、6kg以上の高性能タイプは50,000円程度が相場。

③炊飯器

目安:3、4合炊きの比較的安い炊飯器で4,000円前後。

④電子レンジ

レンジ機能のみ6,000円程度。オーブン機能付きのタイプなら10,000円ほど。

⑤掃除機

コードレス掃除機の目安:リーズナブルな掃除機なら10000円以上から15,000円あたり。

⑥エアコン

エアコンの目安:スタンダードなもの30,000円台から選らべます。最近のマンションにはエアコンが設定されている場合がありますので、この場合は0円。

⑦テレビ

24インチテレビの目安:15,000円程度ですが、メーカー・機能によって価格は変わってきます。一人暮らしのテレビサイズは20インチから32インチくらいが妥当。

⑧ドライヤー

安いドライヤーは1,000円前後・マイナスイオンドライヤーなどの多機能タイプは3,000円前後。最新式の場合は10,000円前後から30,000円の間くらいでしょう。

⑨寝具

  • ベッドシングルタイプ:10,000円程度
  • 布団一式セット:5,000円程度

⑩テーブル

サイズや形状によって価格は異なりますが5,000円程度が目安。スペースがない場合は折りたたみ式のテーブルをチョイスしましょう。

⑪カーテン

  • カーテンのみ:2,000円程度
  • レース付きの場合:3,000円程度

⑫照明器具

照明器具はさまざまタイプがありますが、無難に選ぶなら5,000円程度からが相場。

その他の便利な家電家具の費用

電気ケトル

電気ケトル目安:リーズナブルな簡易的なものであれば2,000円くらい。

ソファー

2人掛けタイプの一般的なソファの目安は、安価な製品で10000円程度で購入できます。場所をとるのでソファベッドがオススメ。

あくまで目安なので、メーカーやサイズ感、割引セールなどによって変動の可能性はあります。購入場所によっても。
スポンサーリンク

大学生一人暮らしの費用を安く抑える方法

大学生が一人暮らしをスタートするにはそれなりの費用がかかるものです。

敷金・礼金・引越しなどの初期費用を考えると、できるだけ家電家具は安く抑えたいですよね。

そこで、一人暮らしの費用を抑える方法を紹介していこうと思いますので、ぜひ参考にしてください。

実家から持っていく

大きな家電(冷蔵庫や洗濯機)はサイズによって厳しいかもしれませんが、電子レンジや電気ケトルなど持っていけそうなものがあれば購入の費用を抑えることができます。

友人・知人に譲ってもらう

友人や知人に使わない家具・家電がないか聞いてみるのも1つの手段です。

新生活の引っ越しシーズンと重なれば譲ってもらえる可能性がありますので、費用を抑えたい人は積極的に声をかけたほうがいいでしょう。

家電や家具付きの物件を探す

家電や家具付きの物件を見つけることで、購入の費用を抑えられる可能性があります!

購入の手間・引っ越しの手間が省略できるのも嬉しいポイントですね。

敷金・礼金などの初期費用によって変わってきますが、揃えるより安くなる場合もアリ。

フリマアプリ・オークションを活用

中古から新品まで幅広く出品されている場合がありますので、活用しない手はないですよね。

引っ越しの多い時期には数多く出回る可能性があるため、しっかりとチェックすることをオススメします。

リサイクルショップを利用

リサイクルショップも忘れずにチェックしましょう。

通常の販売価格より安く使用できるものがあるかもしれませんので、実際の目で確認して選んでみてはいかがでしょうか。

費用削減に繋がることもありますよ。

家電セットを購入する

家電量販店では、新生活応援セールやキャンペーンが実施されます。

そこで「家電セット」を購入すれば通常より安く手に入れることが可能です。

※メーカー・サイズ・デザインは選ぶことができないので注意してくださいね!

通販サイトで購入する

通販サイトなら家電量販店に比べて人件費などがかからないので、製品によっては安く買える場合があります。

また、高額なものは送料無料の場合がありますので、直接新居に運んでもらえるでしょう。

ただ、実際に商品を確認することができないのがデメリットです。返品補償があるのかも見ておきましょう。

通販にも家電セットがあるのでチェック

楽天市場やAmazonなどではさまざまな家電セットがあるので、こまめにチェックしておきましょう。3点セットや5点セットなどもありますよ!

\アイリスオーヤマの家電6点セット/

 

サブスクリプションサービスが便利

家電や家具をレンタルできるサブスクを利用すれば、購入の費用を抑えることができます。

一人暮らしの初期費用が節約できる以外にも、人気のブランドやオシャレな家具が使えるのでうれしいですよね。

家電・家具を買いそろえるのが厳しいなら、ぜひ利用してみましょう。

\かして!どっとこむのご利用はここから/

新生活の家具家電はレンタルがお得!
他社を圧倒する安さ、品揃えをご確認ください。
家具家電レンタルのかして!どっとこむ

スポンサーリンク

大学生一人暮らしに必要な家電家具まとめ

今回は「大学生一人暮らしで必要な家電や家具の費用は?安く抑える方法を紹介!」と題して解説しました。

まずは、最低限必要なものをリストアップしてから購入していきましょう。

費用を節約したい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

参考記事

大学生の一人暮らしに必要なものは?家電や日用品などを紹介!

一人暮らしに必要なもの・要らないものを調査!

一人暮らしに必要な常備食品や食材は?節約したいときの方法も紹介!

お得な情報
スポンサーリンク
ムッチブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました