がっちりマンデー!アイフライテックのボイスレコーダー・ボイターとは?どこで買えるの?

エンタメ
スポンサーリンク

2021年10月3日の日曜7:30から放送された「がっちりマンデー」は、中国生まれ日本育ちビジネスをテーマにさまざまな会社を紹介しています。

紹介されたなかに、最新音声認識技術がすごいというアイフライテック・ジャパンの「VOITER」が登場しました。

そこで今回は「がっちりマンデー!アイフライテックのボイスレコーダー・ボイターとは?どこで買えるの?」と題して紹介していきます。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

\次世代ボイスレコーダー/

がっちりマンデー・アイフライテックボイスレコーダー「ボイター」

がっちりマンデーで紹介されたVOITER(ボイター)は、音声を自動でテキスト化する次世代のボイスレコーダー。

必要な言語だけを文字おこしすることができて、AIが適格にすばやく文字を自動修正するので、今までのボイスレコーダーとは比べものにならないくらい進化しています。

VOITER(ボイター)の使用例

インタビューや取材:騒がしい環境でも正確に文字起こしするため、聞き逃しを防止する

会議:議事録やメモ作成に便利で、すばやく記録に残してくれる

講演会や授業など:広い会場でもしっかり集音する機能が備わっている

VOITERの特徴

1.高度なノイズ処理テクノロジー

  • 不要な雑音を自動的に判断して除去するシステムで、大人数の騒がしい環境でも正確に文字起こしができる

2.最大10メートル・360度集音対応

  • 集音距離が最大10メートルのマイクと、360°集音の無指向性マイクを使用しているため、正確に音を拾ってくれる

3.リアルタイム文字起こし・AIの文字自動修正能力

  • Wi-Fi接続やSIMカードによるネットワーク接続をすることで、画面上にリアルな文字起こしを実現可能にする
  • 間違えた言葉もAIが文脈を自動で判断して修正できる

4.動画の録画・自動字幕生成

  • ネットワーク接続時には撮影しながらリアルタイムで字幕表示させることができる
  • 撮影後はネットワーク接続したときに字幕生成することも可能

アイフライテック会社概要

iFLYTEK(アイフライテック)は1999年に中国で設立された音声認識・AIの会社です。

そのほかにも音声合成・音声翻訳などの技術に優れている会社で、日本にはiFLYTEK・JAPAN(アイフライテック・ジャパン)が存在しています。

社名:iFLYTEK JAPAN AI SOLUTIONS 株式会社

所在地:東京都中央区京橋 2−12−9 ACN京橋ビル 7F

 

がっちりマンデーで放送のボイターはどこで買える?

がっちりマンデーで紹介されたアイフライテックのVOITER(ボイター)は、公式サイト内にあるキャノンオンラインショップで購入が可能です。

気になる方はチェックしてください。

キャノンオンラインショップ

また、楽天市場やAmazonなどからの購入もできます。

\ボイターをみてみる/
\スペックが小ぶりですがボイターミニもおすすめ/

 

文字起こしサービスについて

VOITERの文字起こしには、Wi-Fi接続かau/docomo/softbankが提供するSIMカード(別売)による4G接続が必要!

文字起こしサービス利用料金が発生します。

プランの詳細

  • 文字起こしプラン1年目:使い放題プランが無料
  • 文字起こしプラン2年目以降:毎月3時間まで無料/使い放題プランは月額2,180円

もっと詳しく知りたい方は、公式サイトを参照してくださいね。

VOITERの公式サイト

がっちりマンデー・ボイターまとめ

今回は「がっちりマンデー!アイフライテックのボイスレコーダー・ボイターとは?どこで買えるの?」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

VOITER(ボイター)というボイスレコーダーは、正確にすばやく文字おこしできる機能が備わった次世代タイプの商品です。

会議や講演会など文字起こししたい場合には最適なので、興味がある人は購入の参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました