チコちゃんに叱られる【山芋のかゆくならない食べ方】川崎道夫教授が紹介!

山芋エンタメ

2022年1月21日放送のチコちゃんに叱られるで、山芋のかゆくならない食べ方について紹介されました!

番組のテーマ「山芋を食べるとかゆくなるのはなぜ?」といった内容に摂南大学農学部の川崎道夫教授が答えてくれます。

スポンサーリンク

山芋のかゆくならない食べ方

そもそも、なぜ山芋を食べたらかゆくなるのか?を解説したうえで、かゆくならない方法を教えてくれました。

山芋を食べると口のあたりがかゆくなる理由

山芋を食べると口のあたりがかゆくなるのは「無数の小さな針が刺さっているから」だそうですよ!

針の正体は、シュウ酸カルシウムの針状の結晶だと川崎道夫教授が教えてくれました。

山芋にはこの針の束が無数にあるため、すりおろしてもなかなか壊れないようです。

※特に皮の部分に多く含まれている

そのため、針状の結晶が口の周りにつくとかゆいと感じるようですね。

その他にも・・・

山芋には「アセチルコリン」が入っているため、人によってはアレルギーのような症状起こしかゆくなることもあります。

なぜ山芋には針があるの?

山芋に針がある理由は、昆虫などに食べられないように針状結晶があると考えられています。

山芋は、虫に食べられないように針があることで生存競争に生き残ったようです。

※他にもパイナップルやキウイにもシュウ酸カルシウムの針状結晶が含まれています。

山芋のかゆくならない食べ方

山芋のかゆくならない食べ方は、皮を5ミリ程度厚めに剥くことで、針状結晶を取り除ける可能性が高くなります。

シュウ酸カルシウムの針状結晶は、山芋の皮の部分に多く含まれているため、皮から離れると結晶の数が減少していくようです。

厚く剥くだけでかゆくならないなら簡単にできそうですよね!

かゆくなったら場合は

①酢などで洗い流す

酢をつけてから水で洗い流すといいでしょう。

シュウ酸カルシウムは「酸に弱い特徴」があるので、酸性のものを手につけるとかゆみがおさまるようです。

※レモン汁でもOK!

②お湯につける

40度前後のお湯で洗い流しましょう。

シュウ酸カルシウムは「熱に弱い特徴がある」ため、かゆみがおさまります。

③お米で擦る・揉む

手に米を擦りつけて、揉むことでかゆみがおさまる場合もあるようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「チコちゃんに叱られる【山芋のかゆくならない食べ方】川崎道夫教授が紹介!」と題して紹介しました。

ぜひ参考にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました