ガイヤの夜明け【届けるサービス!MIKKE!(ミッケ)・OniGO(オニゴー)が登場】

届けるサービスエンタメ

2022年2月25日放送のガイヤの夜明けで「届ける」サービスについて紹介されました。

登場するのはMIKKE!(ミッケ)OniGO(オニゴー)という会社です。

お客様により良い届けるサービスを提供していると話題になっています。

そこで今回は、ガイアの夜明けで届けるサービスを教えてくれましたので、チェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

「届ける」サービス

数ある届けるサービスの中で、移動式店舗のサービスや最短時間で届く宅配専門サービスをピックアップして紹介してくれました。

MIKKE!

MIKKE!(ミッケ)は、三井不動産が手掛ける移動式店舗のサービスです。

三井不動産の中でも社内ベンチャーである「シェアトゥモロー」が手掛けています。

三井不動産が所有しているマンション・オフィスビル・駐車場を活用して出張販売を行なっている ようです。

MIKKE!側が車両や出展場所を提供して、テナント側は出店料をMIKKE!に支払う方式。

現在は70店舗のテナントが存在しますが、今後はエリアを拡大して多くのテナントを確保して行く予定です。

MIKKE!の戦略は

三井不動産ではあらゆるデータを所有、例えば高所得層が多い地域・高齢者が多い地域・人の流れなどを分析して移動販売を行っています。

移動式店舗の「届けるサービス」の他にも「体験できるサービス」も展開中です。

例:マンションの敷地内でマッサージ、築地本願寺内でクイックマッサージ、車で届ける子供向け体験教室など

出店情報はホームページやチラシなどの使っています。

MIKKE!公式サイト

OniGO

注文してから10分で届く宅配専門サービスOniGO(オニゴー)。

宅配してくれるスーパーで、品揃えは生鮮食品から日用品まで約1600種類用意されています。

配達の仕組み

1)お客さんがアプリで注文を完了してから、ピッカー(収集担当)が注文した商品を集めてくる
2)2分程度で10分程度はピックアップできる
3)ライダー(配達担当)が電動自転車を使ってお客さんのもとへ配達する
4)以上を注文を受けてから10分で届ける

主要配達エリアは、今のところ店舗から約1.5 kmから2kmの範囲で展開中です。

  • オニゴーで登録しているライダーは約120人を採用。
  • 配送料は300円( 何品でもOK)

現在は3店舗ですが、今後は東京23区をほとんどカバーする計画です。

ローソンストア100の店舗をダークストア(宅配スーパー)化する実証実験をしていたので、今後は商品数が増える可能性もありえますよね。(3年後までに100店舗を予定)

 

OniGO

OniGO
開発元:Onigo株式会社
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

まとめ

今回は「ガイヤの夜明け【届けるサービス!MIKKE!(ミッケ)・OniGO(オニゴー)が登場】」と題して紹介しました。

気になった人は、ぜひ参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました