アイカサ・傘をシェアリングする会社とは?利用方法を解説!(がっちりマンデー)

傘シェアリングエンタメ
スポンサーリンク

毎週日曜日の7:30からTBS系列で放送されている「がっちりマンデー」、2021年10月3日は、儲かる中国生まれの日本育ちビジネスについて特集しました。

紹介されたなかで、傘のシェアビジネスでがっちりな「アイカサ」が登場。

そこで今回は「アイカサ・傘をシェアリングする会社とは?利用方法を解説!(がっちりマンデー)」と題して紹介していきます。

突然の雨に困ったことがあるよという人には必見の便利なサービスになっていますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

アイカサは傘シェアリングの会社・がっちりマンデーで紹介

がっちりマンデーで紹介されたアイカサは、傘をシェアリングできるサービスを提供している会社です。

駅や店頭に傘立てを設置して、そこから傘をレンタルしたり返却したりすることができます。

もともとは、中国ではじまった傘のシェアリングサービスを、アイカサの代表丸川照司さんが、日本に持ち込んでサービスをスタートさせたビジネスですね。

特徴は?

アイカサの特徴

  • どこでも借りられて好きなところで返せる
  • 24時間70円で使用可能になっているのでビニール傘を買うより安い
  • 傘をシェアしてビニール傘の使い捨てを防ぐ(環境にいいシェアリングサービス)

返却する仕組み

日本のシェアリングサービスでは、もはや当たり前なのですが、中国の傘シェアリングにおいては返却する仕組みがありません。

中国の場合

  • 傘を借りても返却場所が設置されていないため、その場に放置される状態が続き何十万本もの傘が紛失

日本の場合

  • 借りられる場所と返却場所が明確に設置されているので、返却率は高い

会社概要

会社名:株式会社Nature Innovation Group

所在地:東京都渋谷区代々木3丁目1番10号代々木中央ビル402

 

スポンサーリンク

アイカサの利用方法を解説

アイカサの利用方法は簡単で、まずスマホからアイカサのアプリをダウンロード。

次に決済方法を登録するだけです(LINE Pay/クレジットカード/d払い)。

App Store

Google Play

利用方法

アイカサでは、スポットと呼ばれる傘立てが設置されています。

現在は、東京・横浜・大宮・名古屋・奈良・大阪・神戸・岡山・水戸・福岡にてサービスを導入。

借り方と返し方

  1. アプリのマップから現在地周辺のアイカサスポットを探す
  2. アプリの「かりる」を押す
  3. スポットにスマホをかざす
  4. レンタル傘を使う
  5. 目的の場所についたらアプリの「かえす」をタップ
  6. スポットにスマホをかざす
  7. レンタル傘を返却する

利用料金

通常プラン:24時間1本70円(1ヶ月借りっぱなしでも最大420円)

使い放題プラン:月額280円(2本までOK)

注意点

  • 紛失時は1本あたり864円の紛失手数料がかかる
  • 使い放題プランは借りなくても280円かかる
  • 盗難に遭ったときは問い合わせ窓口へ連絡が必要

 

スポンサーリンク

アイカサは傘シェアリングサービスでがっちり

今回は「アイカサ・傘をシェアリングする会社とは?利用方法を解説!(がっちりマンデー)」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

突然の雨や紛失に備えてアプリを入れておくと安心なので、関心のある人は利用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました