前田マヒナ・サーフィン東京オリンピック代表選手!吉本興業所属?プロフィールや戦歴を調査!

サーフィンスポーツ
スポンサーリンク

いよいよ2021年7月23日金曜日から、東京五輪の開会式がはじまりますね。

オリンピックではさまざまな競技が行われますが、東京五輪から新たに正式種目として選ばれたものがあります。

そのなかの1つがサーフィンで、今大会は長さ180センチほどのショートボードが使われるようですよ。

注目されるサーフィン選手は、吉本興業に所属しているという「前田マヒナ」選手

いったいどんな選手なのか気になるところですね。

そこで今回は「前田マヒナ・サーフィン東京オリンピック代表選手!吉本興業所属?プロフィールや戦歴を調査!」と題して紹介していきますので、関心のある方は、ぜひチェックしてくださいね。

前田マヒナ・サーフィン東京オリンピック代表

ジュニア時代から優秀な成績を収めており、東京オリンピックに日本代表として出場するため、2018年に国籍を日本に変更。

サーフィンのスタイルは、小さい波より大きい波・パワーのある波を得意とし、屈強な身体を活かしたパワーサーフィンが特徴的です。

海外と違い、日本の波は比較的小さいといわれるなかで、どれだけのパフォーマンスが魅せられるかがメダル獲得のカギを握っています。

前田マヒナ・サーフィンオリンピック代表のプロフィール

生年月日1998年2月15日
性別女性
身長162センチ
出身地ハワイ(米国)
尊敬するサーファーミック・ファニング
所属吉本興業

ハワイ・オアフ島で生まれ、4歳からサーフィンを始めています。

ジュニア時代には、既に頭角を現していて数々の大会で優勝、好成績を残しているようです。

ミドルネーム:マヒナ(ハワイ語で月を意味する)

日本名:穂乃香

前田マヒナ・サーフィンの戦歴

主な戦歴

  • 2013年・2014年 国際サーフィン連盟(ISA)ジュニアタイトル獲得
  • 2014年 世界プロサーフィン連盟(WSL)ジュニアタイトル獲得
  • 2015年 QS6,000優勝
  • 2015年 ポルトガル・ナザレに挑戦 「XXL Big Wave Awards」のBillabong Ride of the Yearにノミネート(ナザレでサーフィンした初の日本人女性サーファー)
  • 2016年 QS1,000優勝
  • 2018年 QS1,500優勝
  • 2018年 Women’s WQS Rank 14
  • 2019年 日本サーフィン連盟 日本代表Women’s WQS Rank 15
  • 2020年 日本サーフィン連盟 日本代表Women’s WQS Rank 14
  • 2020年 第2回ジャパンオープンオブサーフィン優勝
  • 2021年 ISAワールドサーフィンゲームス東京五輪出場権獲得

前田マヒナが出場するサーフィン東京オリンピックの日程

前田マヒナ選手が出場するサーフィン女子の日程について紹介していきます。

サーフィン東京オリンピックの日程

2021年7月25日(日)

  • 女子第1ラウンド
  • 女子第2ラウンド

2021年7月26日(月)

  • 女子第3ラウンド

2021年7月27日(火)

  • 女子準々決勝
  • 女子準決勝

2021年7月28日(水)

  • 女子3位決定戦
  • 女子決勝戦
  • 女子表彰式

サーフィンは、自然のなかで行う競技のため、天候によっては日程の変動があります。

基本スケジュールは4日間で終了しますが、変更の可能性を考えて7月25日(日)~8月1日(日)まで期間が設けられています。

 

会場: 釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ

千葉県九十九里浜の最南端にあり、志田下ポイントとも呼ばれています。

収容人数:6000人(状況により変更される可能性あり)

所在地:千葉県長生郡一宮町東浪見6961-1

アクセス:JR外房線上総一ノ宮駅からタクシーで10分のところ

サーフィン競技ルール

  • 4メンヒート方式(4人ずつで競技)
  • トーナメント戦で2人が勝ち抜け
  • 1人10本くらい波乗りして、審査員が採点
  • 得点が高い2本の合計点で争うルール

前田マヒナ・サーフィン東京オリンピック代表まとめ

今回は「前田マヒナ・サーフィン東京オリンピック代表選手!吉本興業所属?プロフィールや戦歴を調査!」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

幼いときから、ハワイの地で鍛え上げたサーフィンの技術を発揮してメダルを獲得して欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました