佐藤輝明選手(阪神タイガース)の大学成績|オープン戦の成績は?

スポーツ
スポンサーリンク

そろそろプロ野球の開幕が近づいていますね。

オープン戦の成績は阪神タイガースが首位で終わり、今シーズンは巨人の独走をとめるのでは?と期待している人もいるでしょう。

そこで今回は「佐藤輝明選手(阪神タイガース)の大学成績|オープン戦の成績は?」と題して阪神タイガースの話題に触れていこうと思っています。

新人選手のなかでは、最も活躍が期待できるのでチェックしていきましょう。

佐藤輝明選手について

2020年の阪神タイガースのドラフト1位選手で、背番号は「8」。

1999年3月13日生まれの22歳、右投げ左打ち内野手です。

出身は兵庫県で高校は仁川学院、大学は近畿大学を卒業しています。

高校時代は、プロ野球のスカウトの目にとまることはありませんでしたが、近畿大学の監督から高評価され進学しました。

佐藤輝明選手の大学時代は

大学時代は1年生の春からレギュラーとして出場していますね。

4年生の秋に通算本塁打14本でリーグ最多記録を更新。

通算成績は、打率2割8分8厘、ホームランは14本で69打点をあげています。

体が大きくてパワーがある以外にも、強肩・俊足で守備面の評価も高いです。

あとは、プロの実践で多くの経験を積めば、プロ野球を代表する選手になる可能性があります。

佐藤輝明選手のオープン戦は

オープン戦12試合に出場した成績は、打率は3割2厘、ホームラン6本、9打点の大活躍。

12球団トップの6本塁打、本来は内野手だが、オープン戦では外野手として出場をしています。

内野、外野において守備の不安は否めませんが、打撃面は魅力的ですね。

シーズンを通してレギュラーとして活躍できるかがポイントになるでしょう。

阪神タイガースの投手力に佐藤選手の打撃が加われば、優勝も見えてきますね。

まとめ

今回は「佐藤輝明選手(阪神タイガース)の大学成績|オープン戦の成績は?」と題して、佐藤選手に注目してみました。

オープン戦で結果を出しているだけに、いっそう期待が高まります。

熱狂的なファンがいる球団なのでプレッシャーを感じることもあるでしょうが、個人的にはのびのびとプレイしてほしいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました