がっちりマンデー 霜降り明星出演のCMバイトル・ディップって何してる会社なの?

エンタメ
スポンサーリンク

毎週日曜日の7:30から放送している「がっちりマンデー!」、2021年8月22日は有名人がCMに出てるけどよくわからない会社というタイトルで特集しています。

そのなかで、霜降り明星が出ている「バイトル」の会社、ディップ株式会社が紹介されました。

常に時代の流れを読みながら、最先端を目指そうとしている会社らしいのですが、いったいどういうことでしょうか?

そこで今回は「【がっちりマンデー】霜降り明星出演のCMバイトル・ディップって何してる会社なの?」と題して紹介していきます。

興味のある方は、ぜひチェックしてくださいね。

がっちりマンデーで紹介されたバイトルのCMの会社

がっちりマンデーで紹介された霜降りが出演しているCM「バイトル」の会社は、ディップという日本のウェブサービスを提供している企業です。

1997年に愛知県名古屋市で設立された会社で、「はたらこねっと」や「バイトル」などのサービス提供しています。

主なサービスとして

  • バイトル(アルバイト・パート求人情報サイト)
  • バイトルNEXT(正社員・契約社員求人情報サイト)
  • バイトルPRO(専門職の総合求人メディア)
  • はたらこねっと(社員・派遣・パートの総合求人サイト)
  • ナースではたらこ(看護師人材紹介サービス)
  • コボット(“誰でも・手軽に・すぐに”導入できることをコンセプトとしたFAST RPA)
  • AINOW(日本最大のAI専門メディア)

以上のサービス提供を行っており、それぞれのイメージキャラクターとして数々の有名人をCMに起用しています。

最近では、お笑い芸人の霜降り明星や東京オリンピックマラソン代表を務めた大迫傑(おおさこすぐる)さん。

過去にも乃木坂46、欅坂46、岩田剛典、上戸彩、その他多くの有名人が関わっているようですね。

常に最先端を

ディップ株式会社の代表取締役社長兼CEOの「冨田英揮」さんは、「新しい時代の変化を進化に変える」という信念の持ち主です。

そのため、インターネットが普及する頃には「ネットの求人サイト」を立ち上げており、YouTubeが普及するときは動画に目をつけて「職場を動画で紹介する機能」をはじめています。

近年では、AIやRPAへと時代が流れていくなかで、デジタルレイバーフォース事業を進めているようです。

デジタルレイバーフォース事業とは

人ではなくロボットを提供する事業のことで、具体的にいうと仕事場のパソコンだけで定型作業を自動でこなしてくれるソフトウェアを提供。

デジタル技術によって労働力を生み出すこと。

AI:人工知能

RPA:人間の代わりに業務をこなしてくれる自動化ツール

スポンサーリンク

がっちりマンデーで放送されたディップとは?

がっちりマンデーで紹介されたディップは、デジタルレイバーフォース事業に力を注いでいます。

その開発例が「コボット」というシステムです。

ディップのコボットは、各業務をテンプレート化した自動サービス、システム導入後のサポート・コンサルティングサービスなどを提供。

人手不足を補う役割を提供するのが、ディップのコボットになります。

では、コボットにはどのようなものがあるのでしょうか?

コボット

ディップ提供のコボットにはさまざまな種類が存在しているようです。

主なコボットを簡単に解説していきますね。

面接コボット

アルバイト面接の日程調整を自動で行うサービスで、応募者と採用者をメールやSMSで繋ぐ役割を担います。

HPコボット(人材派遣)

人材派遣会社の営業活動をデジタルでサポートするサービス。

  • 最新の求人情報から条件検索して営業リストを作成
  • 複数企業すべてに問合せフォームへ自動投稿営業する
  • 営業マンに特化したマーケティングオートメーション
  • 登録者情報と求人情報を管理して、自動マッチングするシステム

不動産コボット

業者間流通サイトの物件データを1クリックで取得し、コンバータへ1クリックで入力するRPAサービス。

ホームページコボット

採用する場合のオリジナルホームページを制作するサービス。

ページ作成・デザイン設定・システム設定・SEO設定など

 

スポンサーリンク

がっちりマンデー・バイトルの会社ディップまとめ

今回は「【がっちりマンデー】霜降り明星出演のCMバイトル・ディップって何してる会社なの?」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

なんかピンとこないと感じている方もいるかもしれませんが、要するにディップ(株)は人口知能や自動化ツールの時代にあわせたシステムを提供している会社です。

今後当たり前になってくるロボット化を先取りしてサービス提供をし、人手不足の時代に対応していこうとしています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました