関西の紅葉2021年の見頃時期はいつ?おすすめの名所を調査!

関西の紅葉おでかけ
スポンサーリンク

秋になると、モミジやイチョウの葉が赤や黄色に変わり、街並みも様変わりしていきます。

関西エリアの公園・お寺・街道などの木々も秋色に色づき紅葉が楽しめるシーズンを迎えることでしょう。

そこで今回は「関西の紅葉2021年の見頃時期はいつ?おすすめの名所を調査!」と題して紹介していきます。

気になる方は、ぜひご覧ください。

\東京の気軽に楽しめる紅葉情報はここ/

 

スポンサーリンク

関西の紅葉の見頃はいつから?

関西の紅葉スポットは、場所によって違いはありますが、一般的なモミジの紅葉なら11月から12月上旬に見ごろを迎えるでしょう。

最近は状況的に遠出する機会が失われて、ストレスを感じることが多くなっていませんか?

そんなときは関西エリアの紅葉狩りを楽しんで、日々の疲れやストレスを発散してみるのもいいですよね。

この記事では、主な関西地区の紅葉ポイントをいくつか紹介していこうと思います。

※掲載場所以外も随時、追記していく予定です。

なお、紅葉時期は気候や天候によって異なる場合がありますので、あくまで平均的な時期を明記しています。

参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

関西のおすすめ紅葉スポット2021

関西地区、京都・奈良・滋賀の紅葉スポットをいくつか紹介していきます。

季節の移り変わりを感じながら、癒されてみてはいかがでしょうか。

京都府東福寺の紅葉

紅葉の見頃:11月下旬から12月初旬あたり

東福寺の紅葉は、京都でも有数の代表的な観光スポットです。

境内には2000本以上の紅葉が植えられていて、特に「通天もみじ」は葉先が3つに分かれているのが有名で美しいといわれています。

近くには渓谷があって、川の水が流れている景観が美しいのが特徴です。

京都東福寺の紅葉に関して、詳しい情報を記載していますので、下記を参照してくださいね。

住所:京都府東山区本町15-778

京都祇王寺の紅葉

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬

祇王寺は、平家物語の一説にも登場するくらい歴史がある場所で、夏は新緑・秋は紅葉と一味違った景観を楽しめます。

紅葉シーズンの祇王寺は、美しい赤色に染まるため、紅葉と苔(こけ)のコラボレーションが素晴らしいロケーションが見られるスポットです。

かやぶき屋根の草庵や苔の庭園などの見どころがたくさんあります。

祇王寺の紅葉に関して、詳しい情報を記載していますので、下記を参照してくださいね。

住所:京都府京都市嵯峨鳥居本小坂町32

奈良公園の紅葉

紅葉の見頃:10月中旬から12月初旬まで

奈良公園の紅葉は、広大な敷地にたくさんの木々の種類が植えられているため、見ごろ時期は長いです。

  • ナンキンハゼ:10月中旬から
  • サクラやイチョウ:10月下旬以降
  • モミジ:11月中旬以降から12月初旬

また、奈良公園は国の天然記念物に指定されており、野生のシカが生息していることで知られています。

敷地内には、東大寺・興福寺などが数多くあり、イチョウ、モミジなどが順番に色づく紅葉スポットです。

奈良公園の紅葉に関して、詳しい情報を記載していますので、下記を参照してくださいね。

住所::奈良県奈良市春日野町、雑司町、高畑町、登大路町(敷地スペースが広め)

滋賀県メタセコイア並木の紅葉

紅葉の見頃:11月下旬~12月上旬

滋賀県にあるメタセコイア並木は、「日本紅葉の名所100選」や「新・日本街路樹百景」に選ばれるほど人気のある紅葉スポットです。

全長約2.4キロをひたすらまっすぐと続く道に、約500本のメタセコイアの木が覆い茂っています。

四季折々の景観が楽しめる場所で、紅葉シーズンのメタセコイアは深みのある「レンガ色」や「茶色」の景色に変貌。

滋賀メタセコイア並木の紅葉に関して、詳しい情報を記載していますので、下記を参照してくださいね。

住所:滋賀県高島市マキノ町寺久保

関西の紅葉2021まとめ

今回は「関西の紅葉2021年の見頃時期はいつ?おすすめの名所を調査!」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

紅葉スポットは随時追記していこうと思っていますので、もし気になる場所があるようでしたら、ぜひ利用してみてください。

自然に触れて、日常の喧騒を忘れてみてはどうでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

\旅行とあわせて紅葉を楽しむ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました