東京の紅葉2021見頃時期はいつから?気軽に行ける紅葉スポットを紹介!

おでかけ
スポンサーリンク

日本では秋になると、モミジやイチョウの葉が赤や黄色に変わり、街並みも様変わりしていきます。

東京近郊の公園・庭園なども秋色に色づき紅葉が楽しめるシーズンを迎えます。

こういう時期だからこそ、身近で気軽に楽しめる東京近郊の紅葉スポットに出かけてみるのはいかがでしょう。

そこで今回は「東京の紅葉2021見頃時期はいつから?気軽に行ける紅葉スポットを紹介!」と題して紹介していきます。

興味のある方は、ぜひチェックしてくださいね。

関西エリアの紅葉情報

東京の紅葉はいつから見頃?

東京の紅葉は、例年どおりなら11月から12月上旬に見ごろを迎えて、街や公園が赤や黄色の色とりどりに景色を変えていきます。

最近は状況的に遠出する機会が失われて、ストレスを感じることが多くなっているのではないでしょうか。

この記事では東京都内を気軽に行けて、かつ楽しめる紅葉スポットを紹介していきます。

東京で紅葉狩りを楽しんで、日々の疲れやストレスを発散してみるのもいいですよね。

なお、紅葉時期は気候や天候によって異なる場合がありますので、あくまで平均的な時期を明記しています。

参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

東京で気軽に行ける紅葉スポット2021

東京で気軽に立ち寄れる紅葉スポットについて紹介していきます。

都会の喧騒を忘れて癒されてみてはいかがでしょうか。

飛鳥山公園の紅葉

紅葉の見頃:10月下旬から11月中旬

東京都北区にある飛鳥山公園は、秋になると美しい色付きの紅葉を楽しむことができます。

お子さま連れの家族や、友人・会社関係のグループ、高齢の方々の散策など広い世代の方にオススメできる紅葉スポットです。

飛鳥山公園の紅葉に関しての詳しい情報は下記を参照してくださいね。

住所:東京都北区王子1丁目1−3

 

目白庭園の紅葉

紅葉の見頃:11月下旬から12月上旬

目白庭園は、東京都豊島区に位置しており、茶室・小さな滝・池など趣のある庭園として有名な場所です。

紅葉シーズンになると、イロハカエデ、ハウチワカエデ、ドウダンツツジなどが色づきはじめます。

また、夜はライトアップされるため、違った装いを見せてくれるのが特徴です。

※今のところ、ライトアップの有無は未定ですが、2020年は人数制限をかけて開催されました。

目白庭園の紅葉に関しての詳しい情報は下記を参照してくださいね。

住所:東京都豊島区目白3-20-18

 

六義園の紅葉

紅葉の見頃:11月下旬から12月上旬

六義園(りくぎえん)は、日本庭園の雰囲気が感じられ、有意義な時間が過ごせる場所として人気のスポットです。

紅葉シーズンの六義園は、名実ともに東京の代表と呼べる観光名所で、イロハカエデ・イチョウなどが公園内を秋色に彩ります。

※現在は、事前予約が必要になっており、整理券と入場券が求められます。

六義園の紅葉に関しての詳しい情報は下記を参照してくださいね。

住所:東京都文京区本駒込6-16-3

 

皇居東御苑の紅葉

紅葉の見頃:11月中旬から12月初旬

皇居東御苑は、春の桜か秋の紅葉時期が最も美しいと言われています。

都内有数の紅葉が楽しめるスポットで、都心の喧騒が忘れられる落ち着く場所として人気です。

皇居内を散策してストレス解消しましょう。

皇居東御苑の紅葉に関しての詳しい情報は下記を参照してくださいね。

住所:東京都千代田区千代田1−1

 

等々力不動尊の紅葉

紅葉の見頃:11月下旬から12月中旬

等々力不動尊は、「等々力の御不動様」として地元の人々を中心に親しまれてきたお寺。

秋になるとイチョウで黄色に染まる参道と、モミジで赤く染まる景色が色鮮やかで美しいといわれており、「高台から見る紅葉が綺麗」と評判の人気スポットです。

七五三としても利用される場所。

等々力不動尊の紅葉に関しての詳しい情報は下記を参照してくださいね。

住所:東京都世田谷区等々力1丁目22番47号 等々力不動尊

 

スポンサーリンク

東京近郊で気軽に紅葉を楽しもう

今回は「東京の紅葉2021見頃時期はいつから?気軽に行ける紅葉スポットを紹介!」と題して紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

いずれの場所も東京都内から気軽に行ける場所になっていますので、紅葉シーズンを迎えたときは、ぜひ利用してみてください。

自然に触れて、日常の喧騒を忘れてみてはどうでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

\旅行でストレス発散/

コメント

タイトルとURLをコピーしました